ユニットバスの排水溝から水が逆流してくるんですけどあたしの幸せなGWも一緒に流されたみたいですけどアンノォー

GW後半戦ですがみなさんお元気ですか。あたしはGWなんてなかったかのごとく今日もお茶会をしておりました。
毎週慣例的にお茶会があるおうちってすごいですよね。ただただ話すだけなんですが、思うところの整理も話ながら、頭に図を描きつつできるので個人的に外せない行事になってます。

さて、最近シャワーを浴びてから、浴槽の水が抜けにくい状況が続いていました。
髪詰まりかな?と清掃してみるも変わらず。
ええい、と生まれて初めて強そうなパイプユニッシュを買いました。https://www.amazon.co.jp/dp/B00XMPPCLC/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_HzS6Ab1X4P0RW
用法としてはこのあたり
https://yourmystar.jp/c0_1/c1_5/articles/unit-bus-culvert/
ただ先のパイプユニッシュはプロ仕様なので、20メモリorプッシュ程度(感覚でやったのでほぼ1本使い切っちゃってましたけど…)をぬるま湯と組み合わせて流し込みました。

待つこと30分

浴槽から水を流すと流れるどころか逆流してきました。
嫌な予感がしたので手洗い部から水を流すとやはり逆流。
詰まりが悪化しちゃいました…。

放置するわけにもいかないので、根本的なお掃除を考えます。
フローチャートとしては、排水溝自体を分解して清掃→排水パイプを物理的に清掃と言ったところでしょうか。
とポチポチ調べていると分解手順のあるサイトを発見。
https://p-ranger.com/bathroom/unitbus-drainage-ditch
ホントに排水溝ってバラせるんですね。目皿を外して綺麗に部品を洗って…
ちなみにおうちのものは簡単に回りました。そして髪の毛が大量に出てきました。詰まりは解消されました…やったね!
ちなみに目皿をとって髪の毛を取り除いてもダメですってときは
https://www.amazon.co.jp/dp/B06Y44KJV8/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_zJS6AbJ4J29EX
こういう物理的に棒を突っ込んで掻き出すor詰まりモノを砕く系のものが使えそうです。

これでともかく幸せなGW後半戦が訪れそうです。
ゆっくり音楽を聴きながらお風呂に入れる…(*´ω`*)

広告

このご時世に”相性”にひっかかった話

みなさんお元気ですか。
あたしはうつうつ真っ盛りです(おくすりのんでもどうにもなりませんでした)。
迂闊に洗剤を混ぜたり、消毒用アルコールを飲んだりしないようにしましょうね。

今日はメインPCのお話を。
メインPCはCPUこそ貧弱ですがグラボを刺して4画面出力に対応し、HDDは7台(20TB)繋いである豪華な構成になっています。
そのHDDの構成を支えるのがUSBハブなんですが、特定の外付けHDDを吊すとおかしくなるということを抱えていました。
USBハブのコントローラーはルネサスD720210、特定の外付けHDDのコントローラーはJicron-JMS567でどうも調べてみると相性が致命的に悪いようです。
ちなみにこの「特定の外付けHDD」というのは具体的に言うと「玄人志向 GW3.5AA-SUP3/MB」だけでした。
このご時世相性問題というものに当たるとは思いませんでしたよね…。

解決方法は「別のUSBハブに買い換える」でした。
ACアダプタ内蔵のハブとは別にパスパワーなハブを生やすとか馬鹿馬鹿しいんですが、まぁこれであと1台はHDDが生やせそうで安心してます。

あたしのココロにある不安やつらさに、どれだけこたえ、ねぎらう用意があるのか。

御先真っ暗で打ち出してます。
軽いOD気味です。ココロにきてます。
何がココロに来てるのか、それがわかれば楽なんですが、あたし自身がわからないという困った話です。
何か起きるとカメラ片手に熱中できるんです。他の時がとてもしんどい。厄介極まりない感じです。

最近あったことをたぐり寄せると、母と会い話を聴き、父と電話で話したということくらい。
どちらもあたしを愚痴吐きにしか使ってもらえませんでした。
母と話すのは利点がありません。スマフォのネットの閲覧履歴がどうしても見れてしまう環境なんですが、その内容を鑑みるに裏があると思えてしまいます。
かと言って父と話すのは、それはそれで昔を思い出してしまってココロがしんどくなってしまいます。
適切な距離というものは難しいものです。
医者からは離れるべきと言われたのですが、それでも各方面からの要望で今の居場所になってしまう。
ある程度なら無茶もできる、しんどくなればふとんにこもれば、誰か来てくれる。
そんなここが好き。

他人に不安やつらさに付き合ってくれ、とはいいませんし、言えません。
ですが、不安やつらさをそうかそうかと飲み込み、ねぎらって欲しいなぁ、とは思います。
もちろん、そんなことが出来る人は限られるとは思います。でも、そういう人がそばにいれば、不安やしんどさの対策になります。
「人が居ること」。それが大きいのです。

もちろん、ココロの病というものは千差万別、みなさん違う症状を示します。
あたしはココロの奥底まで話せる人が1人いてくれれば当座は改善します。
1人にさせて、という方もおられるらしいです。ですからあくまでも目安…にはなるんですが。

ルーターを交換したら回線速度が速くなった話

特に希望はしていないのですが、知り合いからAtermのWG1200HPを頂きました。
むしかごのネット回線はマンションタイプの光回線で、今まで使っていたプラネックスのMZK-WNHで酷い時は下りで500kbps程度しか出ないこともありました。
有線ポートが1000BASEのバッファローなルーターに変えたこともあるんですが、これは無線側が壊れてました…。それ以来交換の機運がなかったわけです。
知り合いから送って貰ったルーターに取り替えたら下りで50~90Mbpsくらい出るようになりました。

類推するに、あまり人の居ないIPv6が有効になったから速度があがったのではないかなと。
AbemaTVやらのストリーミングも切れなくなったので安心できます。
イントラネットも有線が1000BASEになったのでいろいろと捗りますね…

今年初買い物

新年あけましておめでとうございます。今年”も”なのか”は”なのかわかりませんがよろしくお願いします。
今年は入院しないことを目標に生きたいと思います。
知り合いの誘いもあり年始は住吉大社界隈で働いてました。
お金を使うところがあまりないなぁ…といいつつ、去年1年は消耗品と環境構築の必需品以外買わないようにしてたんですが、今年はのっけから大きなお買い物をしてしまいました。
img_1006
7D Mark2です。3年保証とバッテリーグリップと32GBのCFカードが付いて90kでした。安いのかな…?
無印7Dをひょんなことから使って、CanonのUSMが非常に早いことがわかったのと、無印7Dのノイズ耐性の悪さに絶望していた、またフルサイズを持ったところで日が出てない時に撮ることがあまりないのと、7DM2の連写性能と5D3や6Dのノイズ耐性を天秤にかけたらこうなりました。
一緒にバッテリーグリップもついてきたので、手元にあったLP-E6と組み合わせて、24-105 F4Lを付けてみました。
img_1007
重い、デカイ、厳ついの3拍子。正直言うと縦で撮ることはあまりないんですが、GPSを作動させると電池がすぐ減るのでまぁいいかなと。
これだと無印7Dが余るので、知り合いからキットレンズを借りました。
img_1008
とりあえず望遠も対応できます。まぁ105mm*1.6で大体足りるんですが。
これでK-30はネオ一眼を使っている知り合いに無期限の貸し出しとなりました。CanonマウントのLレンズな望遠レンズがご用意されたらK-30は譲渡ということにしますかね…

うつになって分かったこと

父親の虐待であたしのココロが崩れてしまった。崩れ去って、1年少しして、国からの支援でなんとか独り立ちをして、生きることになった。崩れる前からダメだという予感はあった。

ただ、虐待を受けてから、独り立ちをするまでの間のやりきれなさ、無力感は例えようがない。

いわゆる”弱者”の恐怖、苦痛、世間から見られる肩身の狭さを、こんな形で体験しようとは、予想もしなかった。

最初は些細なことだった。中学の終わりの頃から、何か機会があればすぐにおうちを追い出されるようになった。いつの間にか、おうちを出たり入ったりを繰り返す状態に陥った。
今でこそ「しつけ」と父は言うが、基本的人権などそこにはない。この段階で警察に通報するべきだったろう。だがあたしは耐え忍んでしまった。
「何を、どうしたらよいのか分からない」と言った方が正しいのかも知れない。だれに救いを求めたらよいのか、途方に暮れる。情報が何もない。

高校を卒業し、社会人になる。おうちにお金を入れているのにホームレスになることがあった。どうしたらいいのかわからない。

やがて強制的に転居することになった。転居し、気分が沈み、働けなくなった。
「うつ」であろうことは容易に想像がついた。ただ、どこに行って証明するかがわからない。証明したところでどうなるのかもわからない。だれに救いを求めたらよいのか、途方に暮れる。

困り果て、ネットで軽く調べて、福祉事務所に生活相談に行く。甘えのように聞こえたのか、重要度の高い人からやっている、そちらは何時になるか分からない、分かってほしいといわれる。十分理解できる。理解できるが、やりきれない。

ココロが沈みきり、予告をしてオーバードラッグで自死しようとする。自死は未遂に終わる。気がついたら、警察や福祉事務所、保健所の人が集まっていた。

保健所の方針で、再度福祉事務所に顔を出しに行くことになった。「確定事項となった物の受給に向けての形式的な面談」のため。精神障害者保健福祉手帳も同時に発行されることになった。
物、障害者ということばに引け目、負い目を感じた。

これまで精神障害者の気持ちが本当に分かっていなかった自分に気づく。“弱者に優しい”などといわれている日本に住む者の、一種の不遜さ、甘さを思い知る。

それから3年あまりが経った。状況はやや好転しつつあるものの、ココロの浮き沈みがある、また寝るときには薬が欠かせないと言った感じだ。

この国が精神障害者の不安やつらさに、どれだけこたえ、ねぎらう用意があったかを、改めて思う。

ということで、これが今年最後の投稿になりそうです。
嘘偽りのない、ストロングスタイルの感想です。
今年はリハビリで働き始めました。賃金は倒れる前の1/4程度の金額ですが、働いていることに変わりはありません。
来年はもう少し、ココロの状態をよくしたいものです。

実家で忘年会

いや、旗振り役の人がするするしたいってうるさいもんだから…
話を父親に振ってみたら案外OKが出てしまったという話です。
会場で用意して貰ったのは長机と机、ガスコンロ2台、WiiUのカラオケ、冷蔵庫といった具合。

当日の朝にクルマで近江牛を買ってくる破天荒な人や、退院のリハビリでおうちに来る人、ケーキを持っておうちに来る人などなど、いろんな人が来てくださりました。

2次会はあたしの家で実施。
やりたい放題して帰られました。

来年も出来るといわれてしまったので、来年のことも考えなければいけないですね。
なにをするのだろうか。