まとめ2:ThinkPad X250をもう1台錬成する

本来の目的だった平凡なマシンを組み上げます。
img_1366
ThinkPad X250(20CL-A0PR00)
CPU:Intel Core i3-5010U 2.1GHz
MEM:DDR3 PC3-12800 4GB*1=4GB
SSD:Crucial BX500 240GB
LCD:12.5インチワイド HD 1366*768 LEDバックライト ノングレア液晶
ODD:なし
LAN:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
無線LAN:Lenovo純正 Intel Dual Ban Wireless-N 7265
バッテリー:前部内蔵バッテリー+後部3セルバッテリー
指紋認証:なし
WebCam:あり(ベゼルが用意できなかったので塞いでます)

別注のトップカバーにCore i5のボトムケース、Core i3のキーボードベゼルに光らないJPキーを合わせました。
平凡なこのマシンは知り合いに売却予定です。

平凡なマシンに先に使っていたSSDを使用するため、EaseUS Todo Backupを使ってSSD→m2間でクローンディスクを作ることにしました。そのほうが環境構築が楽だと思ったからです。


安いm2SSDを用意し、一時的にm2とSATAを同居させて、Todo Backupのシステムクローン機能を使ってSATAからm2にデータを流しました。一瞬AドライブやらBドライブとかいう禁則的ドライブレターがm2側に振られましたが、SATAを抜けばCドライブになったのでほっと。。。
BIOSの起動順を弄り、Win10側のPCI-Eの省電力設定をOFFにすればメインPCの環境構築は終了です。
img_1365
あとはFHD液晶に換装するだけ。
コメント 2020-01-17 163915
一応m2SSDのベンチマークもかけてみました。ちゃんと速度が出てるようで一安心。