このご時世に”相性”にひっかかった話

みなさんお元気ですか。
あたしはうつうつ真っ盛りです(おくすりのんでもどうにもなりませんでした)。
迂闊に洗剤を混ぜたり、消毒用アルコールを飲んだりしないようにしましょうね。

今日はメインPCのお話を。
メインPCはCPUこそ貧弱ですがグラボを刺して4画面出力に対応し、HDDは7台(20TB)繋いである豪華な構成になっています。
そのHDDの構成を支えるのがUSBハブなんですが、特定の外付けHDDを吊すとおかしくなるということを抱えていました。
USBハブのコントローラーはルネサスD720210、特定の外付けHDDのコントローラーはJicron-JMS567でどうも調べてみると相性が致命的に悪いようです。
ちなみにこの「特定の外付けHDD」というのは具体的に言うと「玄人志向 GW3.5AA-SUP3/MB」だけでした。
このご時世相性問題というものに当たるとは思いませんでしたよね…。

解決方法は「別のUSBハブに買い換える」でした。
ACアダプタ内蔵のハブとは別にパスパワーなハブを生やすとか馬鹿馬鹿しいんですが、まぁこれであと1台はHDDが生やせそうで安心してます。

広告