ホームドアは自殺防止になるのか?

考える機会があったので個人的な見解を含めて考えてみたいと思います。

先刻、京都市営地下鉄烏丸線で人身事故が起きました。
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170613000174

烏丸線は上下線で約1時間にわたり運転を見合わせ、約1万人の乗客に影響した。下京署や市交通局によると、男性はホーム北端にある鉄柵を乗り越え、線路内に飛び降りたという。

京都市営地下鉄烏丸線京都駅はホームドア設置駅です。即ちホームドアを飛び越え轢かれた、というわけです。
私情を挟んで考えると、”ホームドア”は未然の事故は防げるが、故意の事故は防げない、という結論に至るわけです。
ホームドア最強論は今や昔、と言ったところでしょうか。
故意の事故を防ぐにはスクリーン式ホームドアでしょうか。確実に人身事故は起こりえないはずです。

ここまで書いててアレですが、ホームドアを設置できない駅があるのも事実です。

  • ホームが著しく狭い駅
  • ドア数が違う電車が来る駅
  • ホームの強度が足りない駅

などなど…

まぁ、ホームの安全対策をしたところで、踏切で飛び込んで~って言うのが残りますから、完全には安全にならないんですけどね。

広告