HDDが読み出しできなくなった

一眼レフで撮った写真が溜まって溜まって、そしてある日突然やってくる「保存していたHDDの突然死」。
もしどうすればいいのか、を検討してみましょう。
というのもあたしの画像入れに使っていたHDDがクラッシュしたから検討せざるを得なくなっただけなんですけどね。

・1つ目。自力でどうにかする。
これはBIOSでHDDが認識できる場合のみ出来る方法です。
フリーソフトであるTestDisk(http://www.cgsecurity.org/wiki/TestDisk_Download )の中に入っているPhotoRecを活用します。
いわゆるサルベージってやつです。復旧率はだいたい8割くらいでしょうか(経験談)。

2つ目は業者に頼む方法。
HDDがBIOSにすら認識しないときはこれしか術がないでしょう。
そして、クラッシュしたあたしのHDDもBIOSに認識しませんでした。
背に腹は…とは言いませんが、現像していない(=撮っただけで現像していないorもっと解像度の高い写真が欲しい)写真がかなりの枚数あるので、お金は掛かりますが致し方ないと思い、最後の手段として使ってみました。
ちょうどいいレビューにもなるでしょうし。

今回はデータリカバリーサービス(https://www.datarecovery-service.co.jp/ )を利用しました。
見積もりはHDDをセンターに送ってから電話でかかってきます。
あたしの場合は、4/4に故障した1TBのHDDをセンターに送って、翌5日に「障害分類:重度物理障害、故障箇所:磁気ヘッド」でサルベージ可能との連絡をいただきました。
ちなみにお値段は「1週間で復旧させると15~23万」「2週間で復旧させると11~16万」とのことでしたが、この家の財政ではそんな大金をすぐに動かせるわけもなく、ダメ元で交渉してみた結果「1ヶ月かけて復旧させて税抜き8万」となりました。
無茶を言ったつもりが意外と融通が利く会社です。びっくりです。

そして4/19にデータ復旧完了の連絡を頂きました。
あたしの場合は運が非常に良かったのか、中に入っていた画像データはほぼ完全に復旧出来たそうです。
支払いは銀行振り込みにし、支払日を指定したら、「入金確認でき次第の発送となる」旨の説明を受けました。まだ手元にお金がないのでとりあえず一安心です。
5/2の朝イチで振込したところ、明日中には届くと仰っておりました。
早い。

教訓としては、画像はRAIDのミラーリング環境で管理しましょう、ってことでしょうか。
まぁそれでも壊れるときは壊れますから…クラウドサービスを使ってさらにバックアップを取りたいところではあります。
Amazon プライムフォトあたりでバックアップのバックアップ…って言ってもどうせ使わないオチなんですけども。費用対効果ではなく面倒という理由で。

17-05-10 21:14追記
まさかの返送すべきHDDが行方不明になったようで。
会社には届いているけど迷子になったようです。
画像は3割程度復元されてました。なかなか厳しいようです。
ってわけで満足がいくまで再調査コマンドを振りかざそうかなと思う次第。

広告