忘れたい権利と思い返す権利

大体半年前の事になるんですかね。彼からの無茶ぶりを引き受けてしまいました。
あの時断れば良かった、と今になって思います。

彼を家に受け入れてしまって、まず最初に困ったことは寝床だったりします。
ワンルームの家となると寝る布団がない。
結局のところ、彼が手を回して、2段ベッドを構築しました。

電気代くらいは払う…なんて言ってた彼ですが、ここ最近はずっとあたしが払い続けています。
これだから長期ステイは嫌いなんです。男女で同棲に見えるような感じならともかく、男子2名となると、食費もかさみます。
事前にしっかりそのあたりのことは取り決めしておくべきでした。
・電気代/ガス代/水道代の受け持ちはどうする?
・食費は誰が払うor折半する?
2人暮らしなぞしたことのなかった半年前のあたしは上記の事項の確認もせずに受け入れてしまいました。
そのあたりではいい勉強になったかな、とは思いますが、出来れば忘れたいところではあります。

この家ならではの悩みもありました。
この家はデスクトップPCを主軸に4画面を据えて、サブで地Dレコーダー+モニターという変則的な運用をしています。そして、結局のところ、あたしのアカウントで彼があたしのデスクトップPCを使うケースが多いのです。
このケースは非常に難しい。各々に個人のPCもあるんですが、なぜか彼はうちのデスクトップPCを使う。
にっちもさっちも…という感じではありました。そもそも「共有PC」という概念がないままシステム構成をしているんで、こればかりは改善できませんでした。
今この記事を書いているのは普段使いのThinkPad X220なんですが、やっぱりメインPCの方が楽です。
メインPCであればFHD*4枚で資料をアレコレ一気に目を通し、記事に起こすことができる。カメラも付けてるんでオンライン会議だってやろうと思ったら出来る。それが出来ないのが不便かな。
もっともそんなことをするのは何か起きた時くらいですけれども。

「(彼の存在で)ココロが重い。」
口には出しませんが、ここ最近ずっと思っていたことです。
そばにいるだけで苦痛なのです。
もっとも、元からココロは重いのですが。より一層重く感じる…的な感じでしょうか。
薬の都合でODからの入院という選択肢がなかったのがある意味では安心でしたが、そもそもくたばろうと思ったのが1月の段階でしたし、その段階でもう旨みがないなぁって感じでした。なぜなら30日以内に退院しないと経費が削減されるというお役所仕様のため、4週間以内の退院が求められるという事情が見え隠れするわけでして、無しとなった経緯があったりなかったり。

仕事もぼちぼち、見つけないと…なんて思ったりするんですが、医者がやはりやめておけという。
まぁ精神安定剤を飲んでも(-ω-;)って感じですし、やむないことと思います。
この点は受け入れる前と後でも一緒の答えでした。何があたしをここまで悪くしたのか…という疑問はまた機会があればお話できるのではないでしょうか。あたしからは極力お話したくないですが。

さて、彼を受け入れてから半年が経ち、春までもう少しのこの時期に彼は東の都に帰られるそうです。
いざ別れの時が来ると「さみしい」という思いと、「やっとか」という堪え忍んだあたしの感情が交錯します。
明日からは一人です。ココロの憂鬱バランスがどう振れるか見物ではあります。
半年前のメンタルに逆戻りか?あるいはトラウマとしてココロにしこりを残すのか?
試してみないとわからないことだらけです。

広告