第5世代FireタブレットをAndroidタブにする

備忘録ですので手短に。

FireOS=5.3.1で実行しました。
http://kusayablog.hatenablog.jp/entry/2016/10/22/223949
の手順で
http://ahiru8usagi.hatenablog.com/entry/Fire_5th_CM12.1
の内容物を焼く。
ちなみにSuperSUを焼いて管理者特権をとるのであれば、Gappsの前、CM12.1の後に焼くように。
———————-
一応ファイルネームで細かく書いておきます。
前提としてADBの有効と提供元不明のアプリのチェックをお忘れなきように。
では、
AmazonFire5thGenSuperTool.zipを探す。
→解凍して、”1-Amazon-Fire-5th-gen.bat”を実行。
USBデバッグの許可が出たら全て信頼するにチェックを入れてOKを。
3番でOTAブロック
6番でroot所得
5番→1番の順に叩いて、FlashFireをインストール。
BETA-SuperSU-v2.52.zip
cm-12.1-20161122-UNOFFICAL-ford.zip
open_gapps-arm-5.1-mini-20170114
の3つを調達して、内蔵ストレージに送る。
FlashFireでcm-12.1→BETA-Supersu→open_gappsの順に焼き込む(チェックは外さない)
———————
当初はFireOS=5.3.2.1にOTAされてしまって、ダウングレードしようとして1台文鎮にしちゃいました…。
ダウングレードはできるのかできないのかよくわかりませんが、仮に今買うのであれば、Wi-Fi設定をスルーして大人しくFlashFireでさっさとOTAを殺りましょう。
ちなみにあたしは投げ売りのときに知り合いに仮押さえしてもらってました…w(貧乏人っすね…あたし…)

しかし、触ってる感じがNexus7の感じに非常に似ていると思います。
OS面もCM12.1を焼いたら純正の素ndroid、サイズ面もだいたいNexus7と一緒でしょうか。片手で持てるギリギリのサイズ。
10インチタブレットはSO-03Eを持ってるんで、7インチが逆にありがたい感じです。

あと、代替品でドット抜けが10点以上の液晶を積んだFireタブレットが来ました。
_mgg8804
さすがに何を言っているのかよくわからないと思われますが、マジです。
品質が安定しないんですかね。ドット抜けが全く無いのもあれば、あちこちから白点が溢れるものまであるようで、Amazonのレビューには9回くらい交換手配をかけた人までいる始末。ヒエェ…って思いました。
1点程度なら許しますが10点は初めてみました。流石に問答無用で代替品の手配をしましたけどね。

とりあえずぽちぽちーと弄ってみようかな、と思います。

広告