ココロの甘えとうつの甘えは救えないか

起きたのが深夜1時。
寝た理由はわからない。
起きて、こたつに入ってウイスキーを注ぐ。
最近お酒が無いとココロが落ち着かない。
眠気とやる気はまだない。

一種のアル中ってやつかもしれん。
依存症かな?
友達に指摘されて、休肝日は作れよ、って言われたから、金曜日は飲まないことにしてるけど。
それはさておき、だ。
お酒が足りなくなってコンビニに買いに行って。
家でごくごく。それで涙がこぼれてくる。
アレコレ和歌山のゴミ鉄界隈から言われてる言葉が思い返されて。それでぐさぐさココロをえぐられて。
とてもつらくて、でも現状をおおっぴらにはしたくなくて。

心療内科に入院もしたさ。
入院もしたけど、それでもダメで。
医者にもらった薬も効かなくて。睡眠剤かみ砕いて寝ても3時間後には起きるありさまで。
趣味者に趣味を否定されたココロのやさくれた患者さんは、どうしようもない。
行政機関も、医者も、趣味を肯定してくれたのに、それ以上に堪えるらしい。
やがて包丁を振り回し、痛みを楽しむ。
楽しんでも、死ねない。
それが例え死のうとしても、だ。
神様は無情だ。死にたい人は死にたいのに死ねない。その割に、生きてる人はぽっくり死んでしまうし、死にたくない人も時としてぽっくり死んでしまう。
悲しき話。

 

先とは別の知り合いにアレコレ昔言われた。
言われたとおりにアレコレした。
した~って報告もした。
返答はまだない。
想われてないのかね。
そういうのもココロにクる。

いつからだろう。闇がこわい。
部屋にいるはずなんだけど、他人の人目がこわくて。
誰かに甘えたいけど、甘えれる人は近辺に誰も居なくて。
かなしきかな、そうして希死願望が膨らんでいく。
そして包丁を振り回して紛らわす。その繰り返し。
それでも死ねないもんだから、愚痴をこぼしにネットに来る。
もちろん表だってこれないけど。
悲しくて、空しくて、泣いて、いつの間にか寝る。
その繰り返し。
朝5時だ。とは言え深夜帯と言いたいくらい暗いし、起きてる人は少ない。
アレコレ言える人は起きてないし、話したい人も起きていない。
そうしてココロに抱え込んで、また病んでいく。
誰かに甘えたいけど甘えれない。すれ違いの日々。
そうして闇と病みとが増えていく。
電話で所謂ホットラインで話が出来るらしい。
してみたさ。繋がらない。
話したいもやもやが繋がらず、もやもやを飛び越えて希死願望が膨らむ。
闇だらけって話。
つらいね。

 
以上生々しい話。
する機会も、文章も思いつかないから、酒の勢いにまかせてつづってみた。
眠気もやる気もまだ無い。
つらさと無念とかなしみだけがこみ上げてくる。そんな朝6時。

広告